大崎の貸オフィス、貸事務所、賃貸オフィス、賃貸事務所をご紹介しています!

大崎の貸オフィス

【大崎で賃貸オフィス、事務所をかまえるメリット】

大崎といえば、かつては東京のオフィス街の中では地味な存在であり、昔は工業地帯として有名でした。しかし、大崎駅前に巨大ビル「パークシティ大崎」が完成したことを筆頭に、かつて工業地帯であった場所の跡地を利用した再開発事業が進められたことで、ビジネス街としても徐々に注目を集めるようになりました。その結果、大崎駅前は今では巨大な高層ビルが建ち並び、山手線屈指のビジネス街として生まれ変わったのです。かつてはJR山手線のみの停車だった大崎駅も、今ではJR埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線の3路線が乗り入れ、交通の利便性からもオフィスを構えるには好環境となっています。また、大崎周辺は、隣接する品川などに比べるとオフィスの賃料が割安傾向にあるため、コスト削減のために他エリアから移転する企業も多く見られます。交通の利便性や閑静で恵まれた環境を考慮しても、オフィスの相場は割安感が大きく、新規に事務所を構える企業にも人気のエリアです。

【大崎の特徴】

大崎駅といえば、山手線の品川駅と五反田駅に挟まれ、かつては決して存在感が大きいとはいえない場所でした。しかし数多くのデベロッパーが関与した再開発事業が進行したことにより、ここ数十年で大きく変貌を遂げてきた場所です。ゲートシティ大崎をはじめとして、アートヴィレッジ大崎セントラルタワーやThinkPark Towerといった大規模なオフィスビルが駅近くに続々と誕生し、確実にビジネス街としてランクアップを図ってきた街であるといえるでしょう。また大崎駅周辺の再開発では、土と緑を感じさせる環境に配慮した開発が進められており、オフィスの中にも安らぎ感じる環境ということで注目を集めています。近年では、オフィス機能だけではなく、居住や商業機能も含めた開発が進行しており、将来的には更に賑わいを増していくことが見込まれます。

コラム

大崎の貸オフィス

大崎は、品川区の北部に位置する大崎駅を中心とした地域です。山手線沿いの地域としては地味な存在でしたが、1980年代にフジテレビ本社の移転候補地として名前が挙がり、徐々に注目を集める土地となりました。1980年代後半には、大崎駅周辺の再開発によって大崎ニューシティ・ゲートシティ大崎などの巨大ビルが開業し、様々な路線が大崎駅に乗り入れるようになったことで、多くの人が訪れるビジネス街として成長を遂げてきた地域です。今では多くの高層ビルやタワーマンションが立ち並んでいますが、大崎駅前を少し離れると一戸建てを中心とした住居エリアが建ち並び、公園や自然も多く落ち着いた静かな環境も兼ね備えています。

検索結果:0件
お探しの物件が見つかりませんでした。
並び替え